害虫が最も発生する時期とは?~知識をつけて対策する~

庭の雑草を放置すると害虫が大量に発生することになります 庭の雑草を放置すると害虫が大量に発生することになります

害虫対策は適切な時期に作業をすること

作業員

害虫というのは、時期によって大量に発生することがあります。そういった知識をつけることで正しく庭の雑草対策ができます。ここでは1年の中で最も多く害虫が発生する時期をお教えするので、作業の際は参考にしましょう。

害虫対策に最適な時期とは~剪定や庭の雑草対策を行なうならいつ?~

一番害虫が発生しやすい時期はいつですか?
一番害虫が発生しやすいのは、7月~9月と言われています。蒸し暑く湿気も多いので虫はとても活動的になります。こういった季節には多くの害虫が発生します。アブラムシやダニ等の害虫が何度も発生するので、見つけたらすぐに消毒液を散布して対策をしましょう。市販の殺虫剤で駆除する事もできるので試してみるのもおすすめです。
害虫対策のために剪定をお願いしたいのですが、最適な時期はいつですか?
剪定の時期は、庭木や植木の種類、成長段階によって異なります。常緑樹や針葉樹は新しい芽が出る前か、新葉の成長が落ち着いた時が良いでしょう。目安は4~6月です。また、落葉樹は葉が落ちたあとの、11月の中頃~2月を目安に剪定をします。それぞれの樹木の生育サイクルに合わせて、剪定を行うようにしましょう。

早めの対策が肝心

庭にある草木の生長を楽しむためには、害虫対策が重要です。冬の間や春先には、まだ害虫が小さいので見落とすことが多いのですが、いつの間にか大切な庭木が被害を受けているなんてこともあります。害虫を見つけてから消毒などの対処をするのではなく、発生を防ぐような、早めの対策が肝心です。そのためにも、庭の雑草対策や剪定を念入りに行うようにしましょう。予防が万全なら害虫の大量発生を防ぐことができ、被害も最小限で済みます。

TOPボタン