害虫にはハーブが効果的~安心安全に予防対策~

庭の雑草を放置すると害虫が大量に発生することになります 庭の雑草を放置すると害虫が大量に発生することになります

害虫を寄せ付けないための予防対策

害虫対策にはいくつかの方法がありますが、小さいお子さんが居る家庭では、農薬などを使用するのは抵抗がある方もいることでしょう。そんな方にぴったりな対策法があるのでご紹介します。

自分でも手軽にできる庭の雑草対策

ゴミ袋とレンガで雑草対策できますよ(40代/男性)

百均で売っている黒いごみ袋とレンガを使えば簡単に雑草対策ができます。方法としては、まず雑草の生えている部分にゴミ袋をかぶせます。そして、風で飛ばされないようにレンガで重しをするだけです。黒いゴミ袋には雑草の光合成を阻害する効果があるため、数日間から一週間くらい放しておけば雑草はなくなりますよ。一部雑草が枯れていない部分もありますが、弱っているため取り除きやすいです。

熱湯をかけるといいですよ(30代/女性)

雑草に熱湯をかける方法も、雑草対策に効果があります。一度、庭に生えていた雑草に試してみたのですが、次の日には枯れていました。後で調べたら、熱湯で雑草の根が煮えた状態になって枯れたようです。でも、この方法はお湯を沸かす手間もかかるので、広範囲というよりは限られた範囲で使うといいかもしれません。

庭の雑草対策や剪定の他にできる害虫予防

ハーブ

害虫を防ぐためには、あらかじめ対策をするのがおすすめです。害虫対策には様々な方法がありますが、健康被害が少なく小さい子供がいる家庭におすすめの方法が、ハーブを使用した対策法です。ハーブならではの独特な匂いがありますが、この匂いによって雑草に付いた害虫を撃退することができます。中でも、レモングラスやローズマリーなどのハーブ類は高い防虫効果が期待できます。なるべく、育てている草花の近くに植えようにしましょう。また、ハーブは害虫対策だけではなく、料理のアクセントとして使う事もできます。

TOPボタン